Thumb 1454574972289  2

焼酎の本場・宮崎出身のライターがオススメする芋焼酎

  • のんべえだった父親の影響を受けて、お酒大好き人間になったライターが飲みやすくて美味しいと思う芋焼酎&悪酔い・二日酔いしにくい飲み方をご紹介します。


  • 毎日飲みたい『黒霧島』

    程よい甘みと辛みが絶妙な『黒霧島』。焼酎好きなら1度は飲んだ経験があるかと思いますが、呑んだ後に口の中にふわっと広がるなんとも言えない香りはホントにクセになります。その香りも強く無く、更にいつまでも口の中に残らずにサッと消えてしまいます。そのため、一緒に食べてる料理の味を損なうこともありません。クセがあると思われている芋焼酎のなかでも毎日飲んでもツラくない焼酎なので、ライターは自宅に常備して毎回ロックでのんでいます。

    ちょっと良い事があった日に飲みたい『赤霧島』

    一時期、入手困難を極めてプレミア焼酎として知られた『赤霧島』。発売された当初は宮崎でもあまり一般的には知られていませんでした。しかし、焼酎ブームなどをキッカケに一躍、大人気焼酎に名を連ねました。ライターは宮崎にいた姉から送って貰い、すぐにファンの一員に。都内に務める旦那に探して貰ったり、姉に催促したりと手に入れようと必至になってました。芋焼酎の臭みが苦手な友人さえも飲みやすく美味しいと言ってくれる程、旨味と甘みが引き立った焼酎で焼酎初心者にもオススメな一品だと思います。

    辛口焼酎が苦手な方にオススメ『日向木挽BLUE』

    先日、九州の母親から送られてきた『日向木挽BLUE』。何やら、九州の若者に人気らしく、なかなか手に入らないという一言メモが添えられていました。調べてみたところ九州エリアのみ販売されているようで、ワクワクしながロックで呑んでみましたが、私はコテコテの辛口が好きな方なので少し物足りない感じがしました。しかし、焼酎が苦手な旦那や後輩には呑み易いと、とてもウケが良かったです。臭みもかなり抑えられていて、辛くなく、爽やかな飲み心地の焼酎なので本当に焼酎初心者や若者にはオススメです。

    オススメの悪酔いしにくい焼酎の飲み方

    ライターの一押しは”お茶割り”です。「日向木挽」で有名な宮崎の綾町にある雲海酒造を見学した事があり、その時のおみあげの焼酎にお茶がついていました。その時にお茶割りの存在を知ったのですが、お茶割りで飲んだ時はほぼ悪酔いしませんでした。焼酎が苦手な方でもとても飲みやすくなりますし、度を越さなければ程よく酔えて楽しくおいしいお酒が味わえます。私は焼酎初心者の方と飲むときはお茶割りを必ずオススメしてます。

    もう一つのオススメは水で割った焼酎に「はちみつ梅干し」を入れて潰して飲むという方法です。ちょっと潰した梅干しが見栄えを悪くしてしまいますが、ほんのりとした甘酸っぱさがあって、とても飲みやすくなります。

    特別な日にプレミアム焼酎もオススメです

    上記で紹介してきた焼酎ももちろん美味しいのですが、特別な日やお祝い事の時にはプレミアム焼酎がオススメです。一時期、定価の5倍以上も値段が跳ね上がった麦焼酎「百年の孤独」や鹿児島の芋焼酎「魔王」や「森伊蔵」は本当に飲みやすくて美味しいのでオススメ。値段はそれなりにしますが、その価値は十分にあります。人それぞれ好みがあると思いますが、自分にあったお気に入りの焼酎を探してみてはいかがでしょう。これからもマナーを守って楽しく美味しいお酒を飲みたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 人がこの記事をお気に入りに登録しています