Thumb    2016 12 07 23 35 03

ニューアルバム発売決定! 大森靖子の魅力

  • 歌手の大森靖子の大森靖子がメジャー3rdアルバム『kitixxxgaia』をリリースすることが発表されました。このアルバムにはシングル曲、『ピンクメトセラ』『勹″ッと<るSUMMER』『POSITIVE STRESS』『非国民的ヒーロー』『オリオン座』を含む13曲が収録されます。年々勢いを増す大森靖子人気。今回はその魅力に迫ります。


  • 大森靖子プロフィール

    大森靖子は1987年生まれ、激情派と呼ばれる歌手です。心の小さな闇や、言葉にできないような苦しみを歌っていることから、20代30代の女性に多く支持されています。武蔵野美術大学在学中からライブハウスで毎月ライブを行い、インディーズシーンで名前を広げます。その後、2014年にエイベックスからメジャーデビュー。結婚、出産を経て今も精力的に活動しています。

    1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』が話題に

    大森靖子が2013年に発表したアルバム『魔法が使えないなら死にたい』は、発表から次第に音楽ファンの間で徐々に広がっていきます。可愛らしい歌声と裏腹な、突き刺さるような歌詞。そして、楽曲のクオリティはもちろんのこと、そのアートワークも話題になりました。椎名林檎の2ndアルバム『勝訴ストリップ』をあえてオマージュしたこのジャケットは、「○○っぽい」と評価されることへの反抗のメッセージとなっています。

    ワンマンで渋谷CLUB QUATTROを満員に!

       2017 01 30 23 08 27

    大森靖子の存在はネットや口コミなどでどんどん広がっていき、2013年5月に、当時事務所ともレコード会社とも契約していない状態で、キャパ750人の渋谷CLUB QUATTROをワンマンライブで満員にします。ライブタイトルは『つまらん夜はもうやめた』。約2時間に渡り殺気迫る表情で弾き語りをするこのライブは、ファンの間では伝説の始まりのライブとも呼ばれています。

    エイベックスからメジャーデビュー

    大森靖子は2014年にメジャーデビューを果たします。レコード会社はアイドル歌手の所属が多いことで知られるエイベックス。まさかの選択にファンも驚き、メジャーに出ることで活動内容が保守的になってしまうんじゃないかという懸念を抱きましたが、それも杞憂に終わりました。大森靖子はメジャー進出後も数多くのライブをこなし、フェスにも多数出演しています。むしろ活動は精力的になっていると言えるでしょう。

    実はハロプロファンで知られる大森靖子

    そんな大森靖子はハロー!プロジェクトの熱心なファンでも知られており、秋葉原のハロー!プロジェクトオフィシャルショップにて2013年、2014年と立て続けにハロプロ縛りの弾き語りイベントを敢行しています。筆者は第2回目を観に行きましたが、まるでハロプロの曲とは思えないほど大胆なカヴァーに圧倒され、衝撃を受けました。大森靖子のファンはもとより、ハロプロファンも楽しめるイベントで、大森靖子のハロプロリスペクトを感じました!

    ニューアルバム『kitixxxgaia』への期待

    3月15日にリリースされるアルバム、『kitixxxgaia』は、当初『キチガイア』というタイトルでのリリースが決定されていました。諸事情によりタイトルは変更になりましたが、新たな大森靖子の魅力を発見できそうなアルバムであることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 人がこの記事をお気に入りに登録しています