この記事は「ゲームと思い出。」の中で連載されています。バックナンバーはこちら

Thumb 10352284 475447915919234 762306281850124135 n

僕のゲームの世界の扉を開いたファミコン

  • まだメンコとかドッジボールで遊んでいた頃の話である。Jリーグが開幕して、友達はサッカーに夢中。足が速いとかリレーの選手になるというのが大きなアドバンテージだったあの頃。デジタルのゲームは刺激が強すぎた。


  • ファミコンとマリオは雲の上の存在で恐れ多かった

    親同士が友達で、そこに子供がいると大概ファミコンがあって、やらせてもらった。それがファミコンをやるきっかけだった。とにかくスーパーマリオが楽しくてしょうがなかった。自分より年上のお兄ちゃんが持っている事が多かった。ファミコンがあると聞くと、本当はとてもやらせてもらいたいのに上手く言い出せずもじもじしていた。自分の中でファミコンとスーパーマリオは価値が高すぎたのだ。だから、恐れ多くて言えなかった。。ファミコンがしたい、マリオやりたいと口に出す事が罪のような気がしていた。それくらい、ファミコンとマリオというのは雲の上の存在というか、自分というちっぽけな存在を圧倒的に超える素晴らしい存在に感じた。

    怒られるか怒られないかギリギリのラインを攻める

    子供の時の感覚なので、もしかしたらそんなに時間は立っていないのかもしれないが、ファミコンを入手するまで本当に時間がかかったのは覚えてる。おそらく誕生日かクリスマスの時に買ってもらったんだと思う。正直、そこは覚えていない。買ってもらう前は家にファミコンが来たら毎日が夢のようだろうなぁといつも考えていた。実際にはやりたい放題とは言えなかった。当然、親もゲームをやりすぎるといい顔はしないからだ。ゲームをやりすぎてよく怒られた。子供的には、怒られるか怒られないかギリギリのラインを攻めるスキルを求められる。無難に行けば怒られる事はないが、ゲームが出来る時間が少なくなる。攻めれば怒られるが、少しでも多くゲームをする事が出来る。そのバランスで揺れた。

    最初に買ったソフトはロードランナー

    ある日、お母さんにデパートに連れていってもらった。昔ながらのよくある感じのデパートだ。少し時間の経過を感じさせる外装、分かりやすい季節のイベントを意識したディスプレイ、ワゴンではセールをしてる。よく見てみるとファミコンのソフトがたくさんあった。今でこそ「ジャケ買い」という言葉があるが、当時ファミコンソフトを結構ジャケ買いした。下手したら、「タイトル買い」なんて事もやったと思う。ロードランナーはまさにジャケ買いだった。なんで一発目にマリオを買わなかったのだろう。。と今でも思うけど、なんだかとても自分らしいと思った。

    外部端子の接続不良は日常茶飯事だった

    ファミコンの思い出として、故障や不具合というのは切っても切り離せないだろう。テレビのアンテナのところに接続するあの配線。ファミコン側の所が本当によく接触不良になってた。アダプタも接触不良になった事あるし、ファミコン本体とカセットを噛み合わせる所は何度やり直してもなかなかゲームをスタート出来ない事があった。

    もはやあるある!カセットフーフー

    珍しくもなんともない話ではあるが、カセットの部分の接触が悪くて何度もフーフーした。これは僕だけではなくみんな思い出深いのではないかと思う。フーフーに意味があったかどうかは別として、実際にそれで接触がよくなったような気がする。恐らくホコリが接続の邪魔をしていて取り除かれることによって接続出来るようになったんじゃないかと思うが、今考えるともしかしたら吹きかける息に少なからずツバが含まれていて、濡れる事で通電しやすくなったんじゃないかという説も捨てがたい(汚い。笑)

    傾けたり叩いたら直るパターンもある

    ファミコンを置く角度によってキレイに映ったりそうじゃなかったりする。あれは不思議だった。あと、もっと不思議だったのは、カセットや本体に手で触れている時はキレイに映るのに、手を話したら映像が乱れるパターン。「ずっと持っとけって事かよ!!」と、本気で突っ込んだのを昨日の事のように覚えている。

    僕のゲームの世界の扉を開いたのは間違いなくファミコンだった

    まだメンコとかドッジボールで遊んでいた頃の話である。Jリーグが開幕して、友達はサッカーに夢中。足が速いとかリレーの選手になるというのが大きなアドバンテージだったあの頃。デジタルのゲームは刺激が強すぎた。親は口を揃えてアンチゲームだと思った。でも、大人になった今考えてみたら、本当にアンチだとしたら子供に買い与えないという選択をしていたはずだ。買ってくれた、そのことに感謝したのは今この瞬間だ。ゲームをするということに関しては親の存在は邪魔だった。ゲームを楽しむ事を許してくれていたという感覚に気付くには時間がかかった。一人暮らしをはじめ、生活するだけでも大変だと感じた。それは自分が大人になってはじめてわかる事。僕は今、自分の事だけでも精一杯だというのに、僕の親が僕と同じ年齢の頃、ちょうど子供だった僕がファミコンをやってた。いや、やらせて頂いていたというべきなのか。子供を育てながら、子供にゲームを買い与え、勉強とゲームのバランスを考え、従わせる。子供は自分が育ててもらっているという自覚さえなくワガママばかり言う。大人になって俯瞰して見ると、親ってすごいと思った。子供だった僕と、今の僕と同じくらいの当時の親、当時を振り返る今の僕、ファミコンという存在はすべてを繋ぎ、当時気付けなかった事を気付かせてくれた。今、ゲームを嫌いにならずに大好きでいられているのは、楽しくゲームをさせてもらえる環境があったからなのかもしれない。大好きで楽しい時間の真ん中に、いつもゲームがあったから、自分の中でファミコンは「楽しい時間」の象徴になっているのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 人がこの記事をお気に入りに登録しています