この記事は「独学でアコギを弾けた経験から最短で弾き語りが出来る方法を伝授!」の中で連載されています。バックナンバーはこちら

Thumb 10352284 475447915919234 762306281850124135 n

アコギ初心者がアコギと一緒に買うべき周辺の道具と消耗品

  • アコースティックギターを弾くには消耗品が必ず必要になります。また、日常的に使う道具もあります。絶対使うものから、あると便利なものまで経験も踏まえて紹介します。


  • 絶対に必要!弦はピンキリ

    81het zqz4l. sl1500

    ギターを弾く時に消耗品として絶対に必要なのは弦です。わかっているとは思いますが(笑)弦は1弦が一番細く、6弦が一番太いです。値段も大体1弦から6弦に向かって高くなる感じはありますね。弦はセットでも販売されています。弦は弾いてたら必ず切れます。4弦以降が切れる事はほとんどありませんが、1弦から3弦までは結構切れますね。演奏中に弦を切った事がない時は、切れた反動でバチーンと手にあたって手がちょっと切れたりするんじゃないかと心配でしたが、そんな事はないので安心してください(笑)チューニングする時にペグを反対に回して切っちゃう事が何度かありました。普通音を聞きながらチューニングしてたらそんな事絶対ありえないのですが、不器用なので色々ありえないハプニングを経験しました。

    ピックは使えるようにはなっておこう!

    81q1nwieu0l. sl1500

    ピックは使う人と使わない人がいますが、基本的には使います。アルペジオ(一本一本弾くやつ)の時は指で弾く事も多いですね。ストローク(ジャカジャカするやつ)する時にはピックあった方が弾きやすいです。基本的にはトライアングル型(おむすび型)を僕は使っています。ゆるい正三角形のような形のピックです。リードをやる時はティアドロップ型という涙型の物を使います。一つ一つの弦を弾く時にはティアドロップ型の方が引きやすいです。初心者はこの2種類を持っていればいいと思います。硬さも材質によりますが、ソフト、ミディアム、ハードとあります。これは好みですね。個人的には少し柔らかめの方がストロークする時に引っかかりが少なくてやりやすいです。プラスチックの物は硬さはだいたい同じかもしれません。僕はダンロップのトライアングル型のオレンジ色のやつを使っています。ダンロップのピックは削れにくくて、正直このピックしか使ってないですね。

    ギターケースに入れておきたい音叉

    Index

    音叉は、カーンと叩いて響く音に合わせてチューニングするアナログな道具です。普段はチューナーを使うと思いますが、チューナーは電池が切れたりする事もありますし、アナログな方法でチューニング出来るようになっていて損はありません。個人的には音叉でチューニングしてる人を見ると「し。。しぶい。」と、一目置きます。

    通好みなピッチパイプ

    81grsbcidrl. sx522

    ピッチパイプもチューニングする為の物です。笛みたいになっていて、各音を吹いてチューニングします。これを使ってる人はあまり見た事がありませんが、音叉同様一目置きます。デジタルの物はいつ壊れるかわからないので、やはりそういう意味でもアナログな方法でチューニング出来るようになったほうがいいと思います。

    普段使いに超便利!チューナー

    41bued kb4l

    日常的にチューニングをするにはチューナーがラクですね。自分に音感が全く無くても音を合わせる事が出来ます。オートにすると、自分が弾いた音を判定して強すぎるか弱すぎるか表示が出ます。マニュアルの場合は、1弦から6弦まで、モードをまず合わせてチューニング出来たらまた次の弦のモードに合わせて。。という感じです。オートのメリットとしては、とにかくラク。デメリットは、路上等うるさい場所でチューニングしようとすると音が合いにくい(音を拾いにくい)事がある。マニュアルは1弦ずつやっていくので合いやすい(個体差はあります)のと、間違いにくいという事ですかね。ヘッドの所にクリップで付けるタイプがオススメです。あと、電源をつけたら光るものがいいですね。ライブのステージ裏とか暗い場所では光るチューナーじゃないと苦労します。

    吹けると格好いい!ブルースハープ

    51vqmquyg9l. sx522

    ブルースハープというのは、小さいハーモニカです。ゆずとか19とかよく使ってましたね。首の所に器具をつけてブルースハープを固定して間奏で吹くみたいな使い方をすれば一人でギター弾きながらコードだけでも間奏を退屈させません。難しそうなブルースハープですが、意外と簡単です。最初は一音だけを吹くのが難しく感じるかもしれませんが、それも慣れです。ギターより断然早く吹けるようになると思うので、既にギターを弾ける人とセッション出来ます。ブルースハープは一つ3000円くらいで考えておけばいいと思います。キーがあるので例えば、キーがCの曲とGの曲、合計2曲をブルースハープで合わせようと思ったら、CとGの2個のブルースハープが必要です。その代わり、キーさえ合っていれば、適当に吹いてもそれっぽく聞こえちゃいます。これもいいところですね。ベンド等奏法もあってなかなか奥が深いです。

    番外編!路上でヘビロテ!タンバリン!

    路上ミュージシャンをしていると、知らない人とセッションをする事があります。「じゃあ、キーはCで適当に合わせて〜。」とか言われても無理ですよね。。そんな時、タンバリンがあればキーなんてないし、コミュニケーションも取りやすいです。値段も3000円くらいであったと思うので、一つあれば重宝します。友達に一定リズムで叩いて貰いながらリズムキープの練習に使ったりも出来ますね。

    消耗品は多めに用意しておきましょう。

    ピックが折れた。。弦が切れた。。というのは日常的にある事です。気分が乗っている時に換えがないとテンションが下がります。ギターを弾き続ける限り絶対必要な物なので、多めに用意しておきましょう。チューナーの電池も忘れた頃になくなるので予備は準備しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 人がこの記事をお気に入りに登録しています